前回までの作業で、デザイン会社さん(2社)への修正依頼はすべて完了しました。

 

待つこと数日、最終版がコチラです!

 

(クリックで拡大)

 

(クリックで拡大)

 

(クリックで拡大)

 

(画像には透かしを埋め込んでいます)

 

 

流石、プロの仕事という感じですね〜♪

 

1か月にわたった本プロジェクトも、これで無事に完結となりました。

 

ご愛読ありがとうございました!!!

 

 

 

【特報!】

 

8月中旬より、このチラシをベースに、展示会ブースを製作する[展示会装飾PRJ]が始動します!

 

新型コロナの影響で不透明な状況が続きますが、現時点では、当社は、11月開催のメッセナゴヤメインターゲットに展示会戦略を立てているほか、その前哨戦として9月開催の国際フロンティア産業メッセ(神戸)にも出展を予定しています。

 

今回作った製品PRチラシ・製品マンガチラシを軸に、タペストリーや横断幕等を活用し、低コストで使い回しできる展示会装飾を作成していく様子を、またメイキング形式で公開していきたいと思いますので、ぜひご覧ください!

 

それでは、今回はここまで。 次回をお楽しみに!

前回までで「製品PRチラシ」と「マンガチラシ」、それぞれある程度の形が見えてきました。

 

このチラシはそれぞれ、別々のデザイン会社さんにお願いしているため、ともすれば統一感がないバラバラの感じになってしまいかねません。

 

そこで、配色(カラーリング)については、ベースカラー・メインカラー・アクセントカラーをそれぞれ指定させていただいています。

 

当社の場合は、商品特性やロゴと合わせ、

 

ベースカラー ...  薄いグレー

メインカラー   ...  Excelをイメージさせるような濃緑

アクセントカラー  ...  PowerPointをイメージさせるようなオレンジ

 

としています。(デザイン会社さんにはもう少し細かい指定を行っています)

 

 

現在、進行中のそれぞれのチラシの朱書きです。

 

 

 

パッとみ、統一感がでてきたと思いますが、いかがでしょうか?

 

それでは、本日はここまで。 

 

次回は、7/31(金)、いよいよ、[チラシ刷新PRJ]完結編!

 

製品PRチラシ」と「マンガチラシ」が完成します。お見逃しなく!

 

 

マンガチラシの修正ネームが上がってきました。

 

 

 

 

絵はもう修正するところはありません!

 

セリフをちょっとだけ直して、ネーム校了です。

 

いよいよ、ペン入れに入ります。

 

今日はここまで。それでは、次回、お楽しみに!

 

今日は、今回のチラシ刷新PRJにあたり、どうやってデザイン会社さんを選定したか、というお話です。

 

当社はもちろん潤沢な予算があるわけではないので、予算的な制約があるのはもちろんですが、まず大前提として「納品後のデザインを自社内で二次利用できるか?」という点を最重視しています。

 

チラシ原稿を当社で自由に改変し、タペストリーを作ったり、ホームページに載せたり、名刺に印刷したり、といったこと(二次利用)が当社内で自由にできること、というのを快く了解いただける会社でないと、当社での発注は難しいのですが、今回お願いしたデザイン会社さん(2社)は両社とも二次利用OKでした。

 

 

あとは、デザイン会社さんのホームページの過去事例とか、展活セミナーの過去実績とかを拝見し、「当社の想い」を上手く表現していただけそうか?というところをチェックしました。

 

その後、地域や価格をチェックして、最後に実際に見積書を依頼してそのレスポンスにより、安心して取引できそうなことを確認して、今回の発注に至りました。

 

当社の規模ではなかなか定期的な発注は難しいのが実情ですが、引き続き、末永いお付き合いをお願いしたいと思います。

 

それでは、今日はこれまで。 次回もお楽しみに!

 

前回マンガチラシの修正を依頼してから約5日後に、早々と修正ネームが上がってきました。このスピード感、ありがたいですね!

 

修正後のネームはこちら。

 

 

(クリックで拡大)

 

修正点がきちんと反映されています。

 

ただ、5コマ目がちょっと小さくなりすぎているのが、どうしても気になり、そこを再修正依頼。

 

(クリックで拡大)

 

この再修正が終われば、あとはネームとしての最終チェックの段階です。

 

ネームがOKなら、その後、ペン入れの作業に入っていただきます。

仕上がりが楽しみ〜!

 

それでは、次回もお楽しみに!

 

前回まで「マンガチラシ」の進捗をお伝えしてきました。今回は「製品PRチラシ」の進捗についてお伝えします。

 

こちらはマンガとは別のデザイン会社(印刷会社)さんにお願いしています。

 

現在、こちらから、こんな感じのラフをお送りして、初回デザインを作成していただいているところです。

 

(クリックで拡大)

 

裏面は、こんなかんじ。

 

(クリックで拡大)

 

 

今回は、小規模事業者さまで普段はEメールよりもFAXの方が出番が多いようなお客様もターゲットと考えていますので、あえてFAXフォームを大きめにとっています。

 

果たして、このラフが、プロの手によってどのように大変身するのでしょうか! 今からとても楽しみです。

 

それでは、今日はここまで。 次回、またお楽しみに!

 

 

 

 

前回、上がってきたマンガチラシの「初回ネーム」、とても良くできていて大きな修正はほとんど不要だと思うのですが、細かな要望や、ちょっと意図が上手く伝わっていない点を朱書きして、修正依頼します。

 

(クリックで拡大)

 

一番大きな修正依頼は、「Excelで9割減」を大きくキャッチコピーとして謳っているのに、それを回収するコマが無かったので、そのコマを追加してほしい、という依頼です。

 

この依頼をデザイン会社さんに投げて、修正ネームが上がってくるのを待ちます。

 

次回は、「製品PRチラシ」の進行です。 お楽しみに!

 

 

 

マンガチラシのデザイン会社さんに初めて訪問して、約2週間で初回ネームが上がってきました!

 

およそ1時間ヒアリングシートしただけで、ここまで完成度が高いとは思っていなかったので、プロの仕事に脱帽です。

 

(クリックで拡大)

 

特に、1コマ目の「外注すると高額・・・だよね?」の「・・・」の使い方や、2コマ目の「えっ?」というセリフ、3コマ目のPC画面の「ピコン」「ピコン」という擬音など、こちらでは到底思いつかないピッタリな表現で上手に伝える内容となってます。

 

次は、このラフに当社で朱書きを入れていきます。

 

それでは、今日はここまで。 次回もお楽しみに!

前回のブログで、「製品PRチラシ」と「製品マンガチラシ」を作成する、というお話をしました。既存の製品詳細チラシと合わせると、次のような位置付けのイメージとなります。

 

(クリックで拡大)

 

実は、当社は、公益財団法人あいち産業振興機構が毎年開催している「展活セミナー」を今年度受講(全4回)していまして、その中で「コンセプトワークシート」を作成して、自社製品を徹底的に見つめ直したうえで、チラシのリニューアルを行うという難作業に取り組んでいます。(「展活」の詳細は、大島講師のホームぺージをぜひご参照ください。https://www.tenkatsu.net/

 

これが、はっきりいって、かなり難しいのです。。。

 

というのも、当社の製品は、典型的な「シーズ志向」製品なんですよね。

 

最初から「エクセルで(自動)IT化したい、エクセルでIoTやりたい」って人はまずいません。何故か? 「エクセルでIT化できる、エクセルでIoTできる」ってことを誰も知らないから。

 

具体的なニーズ(顕在的ニーズ)としては存在していないんで、展示会とかでも、来場者の目的にピタッとハマる製品にはなりえないのです。でも、もし、「エクセルでIT化できる、エクセルでIoTできる」っていうのを知ったらどうでしょう。 「うちの会社もエクセルなら毎日、使っているよ」「IT化したいと思っていたから、エクセルで安くできるならありがたい」「うちでもできそうなので、具体的な事例を教えてほしい」って方も多いのではないでしょうか。

 

それをどうやって来場者に伝えるか?

 

そのためには、(ニーズ志向の「問題解決型アプローチ」とは違う)シーズ志向の「商品訴求型アプローチ」をベースとしつつ、できるだけ多くの来場者に「エクセルでIT化できる、エクセルでIoTできる」ということが伝わるブース、伝わるチラシを作る必要があります。

 

では、具体的にどうすれば多くの来場者に伝わるか?

 

当社がたどり着いたのは、「マンガチラシ」と「製品PRチラシ」の2本立てという道でした。

 

前置きが長くなりました。 次回はいよいよマンガチラシの初回ネームが登場します。お楽しみに!

 

 

これは、ExceLive発売開始以来、使っているチラシです。

 

 

(クリックで拡大)

 

これまで、展示会などでもこのチラシを配布していたんですが、

  • 字が小さく読みにくい
  • 専門用語が多く、難しい
  • 読んでも、何のことかいまいちよく分からない

といった声をいただくことも多く、この「とっつきにくさ」が当社の販促活動の課題となっておりました。

 

そこで、本年度、「小規模持続化補助金」にチラシリニューアルを軸とした

より分かり易い販促活動をテーマに申請したところ、無事に採択が決定しました!

 

いま使っている上記チラシを、「製品詳細チラシ」と位置づけ、その前段階として分かりやすい「製品PRチラシ」と、そしてさらにもっと直感的にわかるような「製品マンガチラシ」の2種類を作成するプロジェクトを先月発足しました。

 

先月末時点で、デザイン会社さまの選定・契約を終え、初回のデザイン打合せまで終わっているような状況です。

 

せっかくの機会ですので、今後、メイキング過程を随時このブログで公開していきたいと思います。

 

直近のターゲットは、9月の「国際フロンティア産業メッセ」ですので、こちらに間に合うよう、8月初旬には原稿が完成するようなスケジュールで進めていきます。

 

果たして、どこまで分かり易いチラシにリニューアルできるのでしょうか!?

 

それでは今日はここまで。 続きは、また次回、お楽しみに!

 

1